ピロリ菌外来

ピロリ菌って何ですか?

正式にはヘリコバクター・ピロリという細菌で、1983年にオーストラリアのウォレンとマーシャルという医師によって発見されました。ピロリ菌に感染すると、慢性活動性胃炎が起こり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍だけでなく、胃がんや悪性リンパ腫の1つである胃MALTリンパ腫などを引き起こすことがわかっています。

診断法について

ピロリ菌感染診断法には6つの方法が保険適用となっていますが、総合的に尿素呼気試験が最も信頼度が高いといわれています、また除菌判定にも有用です。血液中の抗体測定には、日本人の菌株から作られたキットが使用されるようになり、感度、特異度も高くなっています。ただし、小児や感染直後には陽性化しないことがあり、除菌成功後もすぐには陰性化せず陽性状態が長期間続きます。

検査方法

血中ヘリコバクター・ピロリ抗体測定(血中)

血液のピロリ菌に対する抗体の有無を調べる検査です。菌量が少ない場合にも有効とされています。小児や感染直後には陽性化しないことがあり、除菌成功後もすぐには陰性化せず陽性状態が長期間続きます。

尿素呼気テスト

特殊な検査薬を飲み、呼気(吐き出した息)を採取して検査をする方法になります。ピロリ菌がもつウレアーゼのはたらきで作られる二酸化炭素(CO2)の量を調べます。
空腹時に行う検査となります。
検査に2週間前より影響があるため、以下のものは控えていただきます。

・LG21入りヨーグルト
・胃薬(タケキャブ、ネキシウム、タケプロン・オメプラゾール・パリエット)
・胃粘膜保護薬

Q1. どのように治療するの?

抗生物質(2種類)と胃酸を抑えるお薬(酸分泌抑制薬)を1週間服用します。初回治療の際はアモキシシリンとクラリスロマイシンという抗生剤を使用します。薬剤アレルギーでこのお薬が使用できない方や初回治療がうまくいかなかった方は抗生剤の種類や治療期間を変えて治療していきます。
新たに発売された酸分泌抑制薬を用いた除菌治療の成功率は、一次除菌・二次除菌ともに90%前後であり、二次除菌まででほとんどのピロリ菌感染症が除菌可能になりました。

Q2. 健康保険の適応ですか?

ピロリ菌感染検査、治療に関して消化性潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少症、早期胃がん内視鏡治療後胃、ヘリコバクター・ピロリ菌感染による慢性胃炎がある方は保険適応です。
ただし、慢性胃炎の場合は“内視鏡検査で胃炎がある”ことが証明されている必要があり、これに血液検査などでピロリ菌の存在が示されれば保険適用となります。
バリウム検査では胃炎があっても保険適応とはなりません。
詳しくはご相談ください。

Q3. 除菌が成功したら検査は必要ないですか?

一度除菌が成功したら再発する確率は低く、ピロリ菌感染を繰り返し調べる必要はありません。
また、ピロリ菌を除菌することで胃がんになる危険性が約1/3に減少する報告や、できるだけ若いうちに除菌をした方が胃がんになりにくいという報告もされています。
しかし、除菌後すぐには過去に炎症を受けていた胃粘膜は改善されませんし、除菌により胃がんのリスクはゼロにはならないため、除菌後も定期的に胃カメラを受けて頂くよう指導しています。

当院では、食道・胃・十二指腸、大腸の内視鏡検査を実施しています。
当院では、苦痛が少ない経鼻胃内視鏡および大腸内視鏡検査用機器を取り揃えております。
         
はじめてご来院の方へ
はじめて受診される方でも安心してご利用していただけます。
         
診療時間のご案内
★木曜・土曜の午後、日曜、祝日は休診しております。
▲最終受付は15分前までにお願いします。
リンク